歯医者の虫歯治療の詰め物

歯医者での治療材料

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

歯医者での詰め物の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯医者で見た目を美しく治療する

歯医者で治療して歯を削った場合、削った部分は何かを埋めますよね。殆どの場合は歯科で保険適用される銀であったり、レジンなどでしょう。微量なので自覚できることはありませんが、銀は唾液などで微量に溶けて体内に取り込まれてしまいます。また、プラスチックであるレジンは長い時間が経つと変色してしまうことも多いので、見た目があまり良くないものです。長い間、歯のような美しい白さが維持できるのは、歯医者で歯を削った場合は、セラミックを使用することでしょう。セラミックは変色が少なく、金属のように溶けて体に取り込まれてしまうこともないので、体にもとても優しいものなのです。

セラミックの詰め物がおすすめ

歯医者においては虫歯の治療の際にさまざまな詰め物を使用します。その大きさや強さによって金属であったりプラスチックの物が使用されます。そして、症状によっては差し歯を行う必要もあります。このようなときに使用されているものの一つとしてセラミックがあります。セラミックを使用することによるメリットとしては見た目がきれいであることから、気にすることなく使用することができることや金属を使用しないので金属アレルギーを起こさないということが挙げられます。しかしながら歯医者において治療に必要な経費が高いというデメリットも存在しています。

© Copyright 歯医者の虫歯治療の詰め物. All rights reserved.